チョコレート嚢胞 原因 喫煙

チョコレート嚢胞の原因は喫煙なのか?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞の原因は何なのでしょうか。
再発の予防や、病状が少しでもよくなるように
知っておきたいですね。

 

さまざまな病気の原因になる喫煙と
チョコレート嚢胞の関係
についてご紹介します!

 

チョコレート嚢胞の原因は?

 

チョコレート嚢胞になる明確な原因は
不明とされています。

 

この病気になる方が増えている現状から、
食生活やストレス、血行不良、冷え性などが
チョコレート嚢胞の原因になる可能性が
あるといわれています。

 

いずれも自律神経系に影響するものばかりです。
自律神経の働きは、女性ホルモンとも
深い結びつきがあります。
つまり、卵巣機能に大きく関わるといえるのです。

 

ホルモンのバランスが崩れると、
卵巣内の卵胞の発育が悪くなったり、
月経不順や子宮内膜の状態にもその結果が現れます。

 

喫煙はチョコレート嚢胞の原因?

 

卵巣機能に関わるものとして「喫煙」があります。
タバコは、子宮筋収縮や動脈硬化、
血管収縮を引き起こします。

スポンサーリンク

全身の血流が悪くなることで、
女性ホルモンの働きが抑えられ、
卵巣機能を低下させます。

 

よく妊娠を希望する女性や妊婦さんは
禁煙をするようにといわれますが、
こういった理由からいわれているのです。

 

喫煙者の卵子の質や子宮内膜は、
タバコに含まれる活性酸素の
影響を受けて、とても状態が悪いといいます。

 

チョコレート嚢胞がある卵巣では卵子が育ち、
その卵巣内で子宮内膜が増殖するのです。
チョコレート嚢胞の病状にも
喫煙が大きく影響すると考えられます。

 

しかし、タバコの成分の1つ(3−ethtlpyridine)が
子宮内膜症治療に効果があるかもしれないと
報告されています。

 

タバコに含まれるこの成分が
子宮内膜症病変への直接効果、
痛みの改善効果が
期待できるのではないかという研究です。

 

喫煙は、多くのガンや病気を引き起こします。
治療に有効な成分があるかもしれないといっても、
喫煙が治療になるわけではありません。

 

喫煙の影響を知ったことをキッカケに
禁煙に挑戦されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加