チョコレート嚢胞 原因 お酒

チョコレート嚢胞の原因はお酒なのか?

スポンサーリンク

チョコレート嚢腫という病気を知っていますか?
女性特有の病気で、子宮内膜症の一種です。
子宮内腔以外に内膜ができる病気で、
卵巣にできた場合がチョコレート嚢腫と言います。

 

どうしてチョコレート嚢腫と呼ばれるの?

 

チョコレート嚢腫って病気なのに
どうしてそんな名前にチョコレートと
お菓子の名前が付いているのか
不思議だと思いませんか?

 

チョコレート嚢腫は卵巣に袋状の嚢腫ができ、
その中に月経の古い血や子宮内膜などが
溜まってしまう病気です。

 

その溜まった古い血は酸化すると
黒くなり塊ってしまいます。
その色・形状がお菓子のチョコレートに
似ていることから、チョコレート嚢腫と
呼ばれるようになったのです。

 

ちなみに、子宮内膜症性卵巣嚢胞
(しきゅうないまくしょうせいらんそうのうほう)
とも呼ばれています。

 

チョコレート嚢腫ができる原因は?

 

チョコレート嚢腫ができる原因なのですが、
現状ではまだ解明されていません。
しかし、初潮を迎えた女性の約10%の確率で
起きている病気なので、いくつかの説はあるようです。

 

例えば、月経の時の血液が腹腔内に逆流して起こる、
腹膜が何かの原因で組織が変化して似た組織ができた、
アレルギーが関係しているなど、
いくつかの考えがあります。

スポンサーリンク

ただ、チョコレート嚢腫は
特に20〜30歳が多く発症している傾向なので、

 

女性ホルモンの1つ
「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の分泌が
増加しているのが大きな要因ではないかと
考えられています。

 

チョコレート嚢腫とお酒の関係は?

 

中医学的な考えでは、チョコレート嚢腫は
卵巣内にできたアザのようなものと考えられています。

 

アザは出口がありませんが、
時間の経過とともに徐々に消えていきます。
この現象は私達がもっている免疫細胞が
処理をしているからです。

 

チョコレート嚢腫も同じ考えで、
卵巣内に溜まっている血を自身がもっている
代謝・免疫処理能力でスムーズに流すことで
血液が分解され消失されると考えています。

 

漢方の薬を使い血液の流れをスムーズにすることと、
生活習慣を規則正しくすることで、
改善できると考えています。

 

睡眠は自律神経経・ホルモンバランスを整える
働きがあるので十分に取り、
食事もバランス良く摂るようにしましょう。

 

特に、お酒や油分・甘い物は身体の中で
「温熱」になりやすく、

 

血管が詰まって血流を悪くするため、
チョコレート嚢腫を改善するのには
不向きな食べ物になるので注意してください。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加