チョコレート嚢胞 排卵痛

チョコレート嚢胞の排卵痛とは?

スポンサーリンク

排卵痛や月経痛はチョコレート嚢胞の兆候

 

チョコレート嚢胞は月経時の経血が
排出しきれずにどろどろとした
血液の塊として癒着してしまう病気です。

 

子宮内膜症の一つでもあるチョコレート嚢胞は
女性ホルモンや排卵、月経ととても関係が深いです。
特に月経時や排卵時に痛みが起こることも
症例としてあがっています。

 

月経痛もひどいと言われる
2日目だけ鎮痛剤を飲んでいたのが
2・3日目と鎮痛剤を手放せないほどの
痛みに変わったり、

 

鈍痛から針で刺すような痛みに変わったり
症例は色々ですが、
放っておいて良くなることはありません。

 

年齢とともに大きくなり
癒着も色んな臓器に増えてしまいます。

 

チョコレート嚢胞がある場合の排卵痛

 

排卵痛の起こるメカニズムとして
血液の塊が卵管を通る排卵を妨げるため、
排卵時に激痛を伴うと言われています。

 

卵巣は左右対称にありますので
嚢胞ができているほうが排卵するときに
特に痛みが引き起ります。

スポンサーリンク

排卵痛が、片側だけで2回に1回おこるようでしたら 
チョコレート嚢胞による痛みの可能性があります。
また、嚢胞がある方の下腹部が腫れたり、
張ったりすることも多いです。

 

大きいものになりますと寝ころんだ時に
ボール状にボコッとはっきりと飛び出して
腫れるほどです。

 

まれに、溜まりに溜まってパンパンになった卵巣が、
細い卵管を卵子が排卵のため通ろうとして
破裂する場合があります。

 

卵巣は沈黙の臓器とも呼ばれていて、
少しの変化だと全く気が付かないまま
診断されて初めて気が付くことも多いです。

 

排卵痛や重い生理痛、便秘や排便痛、運動痛など
心当たりがある場合
早めに婦人科を受診したほうがいいでしょう。                         

 

痛みを和らげる対策として
薬物療法でのホルモンバランスの
改善などがあげられます。

 

そのほか日常での過ごし方にも対策があります。
生活習慣や食生活の乱れ、
冷えなどが内膜症の原因ともいわれていますので、

 

日常的に腰痛などで痛む部分を温めたり、
休養を十分とることも重要です。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加