チョコレート嚢胞 腹腔鏡手術 費用

チョコレート嚢胞の腹腔鏡手術の費用は?

スポンサーリンク

思いがけずチョコレート嚢胞の手術が必要になり
高額なイメージの腹腔鏡手術に
さらに不安になっていませんか?

 

費用の負担を少しでも軽くして、
安心して手術を受けたいですね。

 

腹腔鏡手術にかかる費用は?

 

チョコレート嚢胞は保険診療の対象です。
腹腔鏡手術にともなう入院費用は、
各種健康保険の3割負担でおよそ
20万円前後〜40万円です。

 

その内訳として、手術に関わる検査や投薬、
処置といった患者側でも想像がつくものや、
手術自体に関わる手技料や麻酔といったもの
それぞれが費用としてかかってきます。

 

さらに食事代(食材費相当・調理費相当)や
差額ベッド代も必要です。

 

医療行為に対しての費用は
各病院が自由に金額を決めているのではなく、
厚生労働大臣に決定権がある「診療報酬点数表」
に決められた点数(1点10円)で請求を行っています。

 

例えば、チョコレート嚢胞の腹腔鏡手術であれば、
「腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術 20,610点」
といったように記載されているのです。

 

これに、検査や投薬などの点数が加算されて
請求額が決まります。

 

高額療養費給付などは適用される?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞の腹腔鏡手術では
医療費が高額になります。
そのような時には、
高額療養費制度を利用しましょう。

 

医療機関などで医療費の支払いが
高額になった場合には、治療の前後に申請することで
窓口での負担を軽減・払い戻しを
受けることができる制度ががあります。

 

「自己負担限度額」は、所得金額の違いによって
自己負担金額が決められています。

 

発行される「限度額適用認定証」を
病院窓口で提示することで、
自己負担限度額までの支払いとなります。

 

保険適用分のみに有効ですので、
食事代や差額ベッド代などは対象外です。
申請先は、各健康保険の窓口です。
治療前または治療中に申請します。

 

「高額療養費」は、
自己負担限度額を超える額が払い戻されます。
1か月(1日〜月末まで)の医療費が高額になった場合には、
後日、各健康保険に申請します。

 

この他にも「高額療養費貸付制度」
「高額療養費委任払い制度」といった制度もあります。
ご自分に合った制度を上手に利用していきたいですね。

 

また、個人で医療保険に加入している場合には、
給付金の請求ができるか
保険会社に確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加