チョコレート嚢胞 腹腔鏡手術 術後

チョコレート嚢胞の腹腔鏡手術の術後は?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞の術後、生活はどう変わると思いますか?
回復が早いといわれる腹腔鏡手術であれば、
すぐに元の生活へ戻れそうですよね。
どのような生活が望ましいのでしょうか?

 

術後のことを考えておく

 

チョコレート嚢胞の腹腔鏡手術は
回復が早く治療の効果も大きいですが、
術後の体への負担や回復に時間が必要なことは
十分に理解しておきましょう。

 

事前に手術前後の予定や自分の希望も踏まえて、
主治医としっかり手術に関して
相談されることが大切です。

 

チョコレート嚢胞は、個人差の大きい病気です。
治療で迷ったときには
他の医師に意見を聞くというのも良いことです。
(セカンドオピニオン)

 

傷が小さく済む腹腔鏡手術であっても、
術後に麻酔が切れてからは痛みがあります。
発熱や吐き気、不快な症状を感じるときには、
主治医や看護師に伝えて対処してもらいます。

 

不安なことや痛みは回復にも影響してきますし、
自分では気づかないことが隠れている
場合もあります。

 

また、よく体を動かし腸の動きを促すことで
癒着の予防や肺の膨らみを良くするほか、
血流を促して血栓予防にもなります。

 

退院後のことを考えておく

 

退院をすると、早くいつもの生活に
戻りたくなるかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、術後しばらくは
無理をしないようにしましょう。

 

動いたほうが回復を早めますが、
体調に合わせて休みながらゆっくりと生活に
戻っていくようにします。

 

とはいえ、退院後すぐから
家族の食事を作らなくてはいけない人も
いるかもしれません。

 

あまり手間をかけずに短時間で準備できることや
市販品や冷凍食品を利用するなどの
工夫はいかがでしょうか。

 

術後1ヶ月〜1カ月半を目安に、
たいていのことが出来るようになっていきます。

 

術後は、腸の動きが悪くなることもあり
便秘になりがちです。

 

食物繊維や水分をしっかり摂り、
ヨーグルトやチーズなどの乳製品、
油分も無理なく食事で摂れると良いですね。

 

決してサプリメントなどで
たくさん摂る必要はありません。
大量の食物繊維は、術後の腸閉塞を
誘発する可能性があるためです。

 

また、病気への心配は尽きませんが
リラックスを心がけます。
強いストレスは自律神経にも影響を及ぼします。

 

特に、腸の動きをコントロールする
自律神経への悪影響は便秘・下痢を引き起こします。
それによって腸内細菌のバランスを崩してしまうと
免疫機能にも大きく関わってきます。

 

上手に気分転換もしながら、
ゆったりと過ごしていけると良いでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加