チョコレート嚢胞 痛み 破裂

チョコレート嚢胞の痛みで破裂した場合は?

スポンサーリンク

子宮内膜症が卵巣にできた病気を
チョコレート嚢胞といいます。

 

子宮内膜症はチョコレート嚢胞に限らず、
女性に起こる病気の中では
トップクラスの多さになります。

 

子宮内膜症の中でも痛みが強いといわれるのが
チョコレート嚢胞で、破裂すると
気絶するほどの痛みがあるといいます。

 

チョコレート嚢胞の症状

 

子宮内膜症の中でも強い痛みを伴うのが、
チョコレート嚢胞です。
1番痛みを感じるのが「月経時」です。

 

月経の時は、通常の場合でも
下腹部痛や腰痛などが起こりますが、
チョコレート嚢胞は通常の場合と
違う痛みがあります。

 

なかにはチョコレート嚢胞を
発症しているのにも関わらず
痛みがない人もいるようですが、
一般的には痛みを伴います。

 

一般的な症状を紹介しますね。
下腹部・腰・骨盤などの痛みがあり
排便する時にも痛みがでる場合が多いです。

 

特にチョコレート嚢胞の場合の痛みは、
月経時に強く現れるのですが、
月経時でない時でも疼痛として
痛みが出るときがあります。

スポンサーリンク

そして、その痛みは
月経の回数を重ねるごとに強くなってくるので、

 

いつもの月経時の痛みより
かなり強い症状が出た場合は、
早めに産婦人科を受診するのをおすすめします。

 

チョコレート嚢胞の原因

 

チョコレート嚢胞を発症した人は、
何が原因でなったのか気になります。

 

しかし、今現在はまだ何が
原因かはっきり断定されていないのが現状です。

 

色々な説があるので、いくつか紹介します。

 

・子宮内の内膜が卵管を逆流し腹腔内へ入ってできた。
・アレルギーが影響している。
・ストレス
など複数の説があります。

 

チョコレート嚢胞が破裂した時の痛み

 

チョコレート嚢胞が破裂した場合の痛みですが、
痛みの為気絶する人もいるようです。

 

破裂する場合の大きさは人にもよりますが、
約5〜6cmほどの大きさがある場合は
破裂する恐れがあるとされています。

 

その場合は、激しい痛みが起こるので、
通常はそのまま緊急手術が必要になります。

 

破裂した場合の多くが全摘出するので、
妊娠を望んでいる場合で
チョコレート嚢胞と診断された人は、

 

破裂する前に治療法を主治医とよく相談し
破裂しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加