チョコレート嚢胞 漢方 妊娠

チョコレート嚢胞は漢方で妊娠するのか?

スポンサーリンク

結婚してから長期間子供ができなくて
悩んでいる夫婦も多いと聞きます。

 

その原因が
「チョコレート嚢胞 」の恐れも考えられます。
チョコレート嚢胞とは妊娠と
何か関わりがあるのでしょうか?

 

チョコレート嚢胞とはどんな病気?

 

チョコレート嚢胞?
あまり聞きなれない病気だと思います。
では、この病名はどうでしょうか?
「子宮内膜症」

 

この病気はよく聞く言葉だと思います。
妊娠できる女性の約10%の人が
なった経験をしているメジャーな病気ですよね。

 

「子宮内膜症」には色んなタイプがあり、
チョコレート嚢胞も子宮内膜症の一種になります。

 

簡単に子宮内膜症を説明すると、
本来は子宮内膜や子宮内膜の組織は
子宮内腔にあるものなのですが、

 

子宮内膜症というのは、
子宮内腔以外の場所にできることを言います。

 

その中でチョコレート嚢胞は、
卵巣の内部に発生する子宮内膜症になります。

 

卵巣の中に血液の溜まった袋ができ、
その溜まった血が酸化して
チョコレートに似てることから
そのような名前がつけられました。

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞と妊娠の関係

 

子宮内膜症を発症すると
不妊症になりやすいのですが、
その中でも特にチョコレート嚢胞は
卵巣にできるので妊娠しずらいと言われています。

 

卵巣の中に袋ができるだけでも
排卵がしにくいのですが、腫れあがることで
余計に排卵が起こりずらくなります。

 

酷くなると卵管が癒着し閉塞してしまうため、
排卵したとしても妊娠することはできないのです。

 

不妊で悩んでいる女性が、検査した結果
チョコレート嚢胞と診断され、除去したことで、
妊娠したケースも多いので、不妊で悩んでいる人は
一度検査をしてみるのをおすすめします。

 

チョコレート嚢胞は漢方が効く?

 

チョコレート嚢胞と診断されると
治療法が薬物療法と手術療法になります。

 

年齢や症状で治療法は変わってくるのですが、
経過観察する場合もあります。
経過観察しながら、薬物療法で
卵巣にできた袋が小さくなるようにします。

 

チョコレート嚢胞は月経のたびに血が増えてしまうため、
小さくするには、月経を半年ほど止める
薬が処方されるのですが、

 

妊娠を望んでいる場合は月経を止めれないので、
漢方を用いる場合が多いです。

 

漢方では、溜まっている血をスムーズに流す働きのある
活血薬を用いて、血行を良くして
血液の循環を良くすることで
溜まった血を排泄してくれる薬を処方されます。

 

他にも自分の症状に合わせた漢方薬があるので、
主治医の先生と相談してみてください。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加