チョコレート嚢胞 漢方 市販

チョコレート嚢胞の漢方の市販の薬とは?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞の治療方法の1つに
漢方医学があります。
簡単に手に入る市販薬もあり、
効果があるなら試してみたいですね。

 

即効性がある漢方薬もありますが、
実際にはなかなか治療効果が目にみえにくいため、
迷う方も多いのではないでしょうか?

 

漢方薬で症状がよくなるの?

 

一般に漢方薬は症状を重視し、
心と体を総合的にとらえます。
そのため、処方は人によって異なり、
病態や体質も見極めていくことが必要です。

 

また、1つの薬には複数の成分が使われているため、
複数の症状に効果が期待できるという特徴もあります。

 

西洋医学・東洋医学それぞれの良さがあり、
西洋医学では対処しにくい不調は
漢方を用いるといった考え方で
治療方法に可能性をもたせることもできます。

 

チョコレート嚢胞に対する漢方治療は、
その症状に合わせた処方で
病状が改善されたという報告があります。

 

費用や種類は?

 

漢方薬は費用がかかることがよく言われます。
1種類1日分で150〜600円、
1か月分で1万円以上になることもあります。

 

そして、多くの場合は、
複数の種類を組み合わせていくために
高額になります。

 

しかし、漢方処方が可能な病院では
保険適応で処方してもらえますので
薬によっては1〜3割負担で済ませることもできます。

 

漢方医学において子宮内膜症は
全身の気・血などの流れのバランスが
崩れることで起こり、
痛みは血の滞りが引き起こすと考えます。

 

つまり、ストレスなどが末梢血管を収縮させることで
血液循環が悪くなり、
全身の不調を引き起こすというのです。

スポンサーリンク

その改善のためには複数の漢方薬があります。
その一例をご紹介します。

 

気の流れをよくするためには
「逍遙散(しょうようさん)」を用います。
効果としては、女性ホルモンの変化によって現れる
精神不安を改善します。

 

血液の流れをよくする作用がある
「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」や
「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」

 

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」
「丹参(たんじん)」は、滞った血流を改善します。

 

さらに、これらにプラスして
それぞれの不調を改善する漢方も
組み合わせいくこともできます。

 

免疫機能や婦人科系に関係する機能の改善には、
「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」や
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」などを用います。

 

痛みの緩和には「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」
また貧血がひどい時に「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」

 

出血がひどい時には
「きゅう帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)」
なども用いることで、
同時にうつ状態改善の効果も期待できます。

 

市販と処方で効果の違いは?

 

漢方薬は病院などで処方される以外に、
ドラッグストアや漢方専門薬局など
さまざまな場所で購入できます。

 

市販薬と処方薬では薬の効果が異なることを
ご存知でしょうか。

 

正しくは、すべてが異なるのではなく、
薬によってその漢方薬に含まれる
有効成分量が違うことがあります。

 

市販薬は処方薬に比べて効果が弱く
作られているものがあるのです。
薬それぞれの詳しい成分や有効成分量については、
医師・薬剤師、各薬品メーカーに聞くとよいでしょう。

 

費用や手間以外にも、
市販にするか処方してもらうかを
よく考える要素になりそうですね!

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加