チョコレート嚢胞 漢方 ツムラ

チョコレート嚢胞で漢方のツムラは?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞の薬物療法

 

チョコレート嚢胞は子宮内膜症のうちの一つで
卵巣に血液の塊が癒着してしまう症状です。
そのため、ホルモンのバランスが非常に影響していて、
エストロゲンの増加が原因ともいわれています。

 

その治療法は色々あり、
大きさによって手術療法か薬物療法か分かれますが

 

薬物療法の場合、女性ホルモンの分泌を抑え
閉経状態を作って治療したりするため、
更年期のような激しい副作用に
悩まされる方も多くいます。

 

漢方ではよりナチュラルに、副作用が少なく、
続けているうちに嚢腫が小さくなったという事例も多く、
注目されています。

 

漢方での治療法

 

チョコレート嚢胞は現代女性の生活習慣病、
冷えともよく関係しています。
チョコレート嚢胞を持つ方のほとんどが
冷え性の方で、生理痛が重く酷い方が多いです。

 

そのため、根本の子宮や卵巣の血の巡りを
良く改善して嚢腫を育たせない
環境づくりを目標に治療します。

 

漢方での血の巡りの悪い状態を
「お血(おけつ)」と呼びます。

スポンサーリンク

代表的な血の巡りを改善する漢方薬として、
ツムラの「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」
などがあげられます。

 

また水分の代謝が悪い「痰湿(たんしつ)」
という状態も原因の一つと考えられます。
痰湿状態はむくみや新陳代謝が悪い方に多いです。

 

このようなお血や痰湿の状態に加え、
冷えや強いストレス、体質・体型に合わせ
複合的に判断していくのが漢方の治療法です。

 

ストレスが強かったり、月経痛やPMS症状が強い場合は
「加味逍遥散(かみしょうようさん)」
冷えなどには「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」
など処方します。

 

ただし、人によっては飲むと調子が悪くなったり
飲み合わせの相性が悪いものもありますので、

 

ご自身で判断せずに、
必ず漢方を専門とする漢方薬局や
内科で処方してもらうようにしましょう。

 

また、漢方の場合、病気に直接効くというよりは
体質を改善して、

 

なりにくい体を作るという考え方ですので、
内科での診察と同時進行で合う方を取り入れる
といった方法をお勧めします。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加