チョコレート嚢胞 手術後 更年期

チョコレート嚢胞の手術後に更年期になるのか?

スポンサーリンク

女性ならではの病気といえば子宮関係です。
特に子宮内膜症は、10人に1人の女性が
かかる病気だと言われています。

 

その子宮内膜症の中でも多いのが
「チョコレート嚢胞」といわれる卵巣にできる内膜症です。

 

治療法は、手術する場合と薬物治療があるのですが、
チョコレート嚢胞の手術後に
更年期に悩まされる女性も少なくないといいますが
本当なのでしょうか?

 

チョコレート嚢胞で手術しなければいけない時とは
どういう時

 

チョコレート嚢胞でも人によって症状は違います。
比較的症状が出やすいのがチョコレート嚢胞で、
生理時の下腹部痛や腰痛などがあり、
時には骨盤付近も痛くなります。

 

その痛みが生理のたびに強くなったり、
生理時以外でも痛みがある場合は、
いちど産婦人科で診てもらうほうがよいでしょう。

 

もし、チョコレート嚢胞と診断された場合は、
嚢胞の大きさや癒着具合・痛みなどにより
治療方法は変わってきます。

スポンサーリンク

日本産婦人科学会では、
チョコレート嚢胞の大きさが3〜4cm以上ある物には、
腹腔鏡手術で嚢胞部分を摘出するのが
好ましいといわれています。

 

治療法は、妊娠を願う場合と願わない場合によっても
変わってきます。

 

妊娠を望んでいる場合は、
嚢胞を摘出することで
自然妊娠の確率が高くなるケースが多いので、
手術を受ける人も多いです。

 

他にも、高齢の人や妊娠を望んでいない人の場合も
手術を受ける人が多いようです。

 

チョコレート嚢胞を手術すると更年期に悩まされるの?

 

チョコレート嚢胞が重症な場合、高齢などの場合は
卵巣・卵管・子宮などを切除しなければいけない
場合があります。

 

妊娠を望まない場合などは、
再発を防ぐ目的として切除する場合があるようです。
(これも主治医と相談して決めます)

 

卵巣を摘出した場合は、
更年期障害の症状が出る場合が多いです。

 

しかし、ホルモン治療や漢方薬、
自律神経の薬を服用することで、
更年期を乗り越えている人も多くいます。

 

主治医と更年期のことも相談しながら
治療法を考えるようにすると不安もなくなります。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加