チョコレート嚢胞 手術後 妊娠

チョコレート嚢胞の手術後に妊娠できるのか?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞が見つかり、
治療方法として手術を選択しなければいけない時に、
気になるのが手術後の妊娠です。

 

まだ20代や30代の女性なら、
妊娠や出産を経験していない人も少なくありません。

 

チョコレート嚢胞ができると妊娠できにくい理由

 

妊娠を望んでいるのに
チョコレート嚢胞が見つかった場合は、
妊娠ができるのか不安になってしまいます。

 

チョコレート嚢胞がある場合でも、
その状態を放置しながら自然妊娠で出産した人もいますが、
一般的にはチョコレート嚢胞があることで
妊娠の確立は低くなると言われています。

 

その理由には、卵巣が嚢胞によって腫れあがり
排卵しずらくなりますし、
卵管に癒着している場合だと卵官が閉塞してしまうので、
妊娠がしにくくなってしまいます。

 

不妊症の全ての原因が
チョコレート嚢胞だとは限りませんが、
不妊で悩んでいる人は、
一度婦人科で検査してみるのも良いでしょう。

 

チョコレート嚢胞の診断の仕方

 

産婦人科に好んで受診に行く人は少ないです。
しかし、いつもの生理痛と違う
激しい痛みの症状がでた場合は、

 

何か婦人科の病気だと考えて放置せずに
受診するのをおすすめします。

スポンサーリンク

最近では医療も進歩しているので、
早く発見することで、軽い治療ですむ場合もあります。

 

チョコレート嚢胞の診断の仕方は、
まずは内診(問診・触診)です。
痛みの場所や度合いを聞き、
触診でしこりがないか調べます。

 

内診では苦痛も何もなく数分で終るので
緊張しないで大丈夫です。

 

内診の他には、
お腹に血液が溜まっていないか確認するために
超音波や断層撮影できるMRIでの
機械による検査をする場合もあります。

 

どちらも苦痛は伴わないので、心配はいらないです。

 

チョコレート嚢胞の手術後は妊娠できる?

 

チョコレート嚢胞の手術には、
その人の症状で変わってきます。

 

比較的軽い場合は、嚢胞や癒着剥離するために
腹腔手術が行われます。
この場合は、手術をして悪い部分を切除することで、
以前よりは妊娠率が高くなるケースが多いです。

 

癒着によって卵管閉塞場合には、
自然妊娠の確率は低くなりますが、
体外受精での妊娠を経験している人は多いです。

 

チョコレート嚢胞の手術をする場合は、
自分で自然妊娠か体外受精での妊娠を
望んでいるのかキチンと考え、
担当の先生と相談して決めるようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加