チョコレート嚢胞 手術後 癒着

チョコレート嚢胞の手術後に癒着はあるのか?

スポンサーリンク

生理痛がひどい女性は
要注意の病気の一つに
チョコレート嚢胞というものがあります。

 

これは本来子宮内にあるべき組織が
卵巣にできてしまう病気です。
卵巣の中に本当は排出されるはずの
子宮内膜や経血が溜まっていきます。

 

その色がチョコレートのようであるために
チョコレート嚢胞と名付けられました。

 

卵巣内の子宮内膜は生理の度に増えていき、
処置が遅れると卵巣が
破裂してしまうこともありえます。

 

初期に発見できれば薬物によって治療ができますが、
症状が深刻な場合は
腹腔鏡手術や開腹による卵巣摘出手術といった
方法が取られることもあります。

 

チョコレート嚢胞に腹痛や腰痛が伴う理由とは?

 

チョコレート嚢胞ができると、
生理時以外にも下腹部の痛みや
腰痛に襲われる場合があります。

 

これには癒着が関係していると考えられています。
卵巣に嚢胞と呼ばれる袋ができ、
生理の度に経血が溜まり大きくなります。

 

進行すると膀胱や小腸など近くにある臓器と
くっついてしまう事があります。

 

癒着が進行すると、腹痛や下腹部の鈍痛、
腰痛などが激しくなり、
日常生活がまともに送れなくなる場合もあります。

 

本来は薬物治療で進行を止めることから治療を始めますが、
癒着がひどい場合は卵巣だけの問題ではなく、
他の臓器にも悪影響を及ぼしかねないため、
手術を受けなければなりません。

スポンサーリンク

手術には大きく分けて2種類あります。
卵巣を温存するか、摘出して根治を目指すかという2択です。

 

卵巣温存手術法

 

チョコレート嚢胞がある場合は、
「腹腔鏡手術」という方法が取られます。

 

これは嚢胞に針を刺して中身だけを吸い取り、
卵巣をしぼませた後、嚢胞を切開して卵巣から剥がし、
出血部分を止血して縫合するという方法です。

 

術後の癒着もかなり少なく、
卵巣を温存できるので
妊娠を望んでおられる方にはお勧めの方法です。

 

しかし手術後に残った卵巣機能が
低下するという報告もあるため、
しっかり主治医の意見を聞いてから
判断する方がいいでしょう。

 

またこの方法では再発する可能性もあるため
根治を望む方には別の方法が用いられます。

 

根治手術法

 

根治治療を望む場合は、
子宮と卵巣を除去する手術が行われます。

 

子宮内膜症は他の臓器への癒着を
起こしている場合が多いため、
癒着剥離を行いながら切除します。

 

チョコレート嚢胞の治療は、嚢胞の大きさやレベル、
妊娠を望んでいるかいないか、
年齢などによって大きく変わります。

 

まずはあなたの望みを
しっかり主治医に伝えることから始めましょう。

 

もし治療法があっていないと感じるなら
それも正直に話し、
あなたに合った治療法を
根気強く探していくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加