チョコレート嚢胞 手術後仕事復帰

チョコレート嚢胞の手術後仕事復帰は?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞の手術を受けることで、
生活はどのように変化するのでしょう?
特にお仕事をしている場合には、
手術後の仕事復帰はとても気になるポイントです。

 

仕事で迷惑をかけたくないためにも、
体の回復に合わせた仕事復帰を考えてみましょう!

 

どんな手術をするの?

 

チョコレート嚢胞の手術には
開腹手術と腹腔鏡手術があります。
嚢胞の大きさや今後の妊娠の希望などによって、
どちらにするか決まります。

 

開腹手術は、下腹部を5〜15cm程度切開します。
手術後5〜7日間は入院が必要です。

 

腹腔鏡手術は、
お腹の1〜4か所に5〜12mm程度切開します。
こちらは、切開が小さく回復が早いため
手術後3〜5日間の入院です。

 

しかし、退院までの術後経過は
発熱や出血などの具合はもちろん、
その人の病状によって異なってきます。

 

手術後の回復はどんな感じ?仕事復帰は?

 

経過に合わせて退院した後は、
事務作業などの軽いものであれば
すぐに行なうことが可能です。

 

手術後2〜3週間後に
経過を診てもらう受診がありますが、
その経過次第では軽い運動や旅行が可能になります。

スポンサーリンク

これらはあくまで目安であって、
手術後の回復は個人差が大きいため
自分の体調に合わせて過ごすことが大切です。

 

特に手術によって受けた体の変化を回復するために、
体は大変なエネルギーを使います。
そのため手術後は体力が落ち、
精神的な変化も起こります。

 

仕事復帰は、可能であれば
退院後3週間〜1か月ほど体を休めてからがよいでしょう。

 

人によっては、通勤電車や長時間の通勤中に
人やカバンが体に当たることで痛みや怖さを感じたり、
無理すると発熱することもあります。

 

すぐに仕事復帰をするとしても、
周囲の理解のなかで過ごしていくことが大切ですので、
手術前にそういうことも伝えていけるとよいですね。

 

順調に回復するためにできることは?

 

回復には個人差が大きいといっても、
なるべく順調に回復したいですよね。

 

そのためには、徐々に体調に合わせて
生活のなかで無理のない日常の動きを
増やしていけるとよいでしょう。

 

お腹をかばうことで運動不足や便秘になったり、
ガスが溜まることで気持ち悪さを
感じるといったことを和らげるために
軽いエクササイズやストレッチは効果があります。

 

テレビを見ながらや椅子に座ったまま
心地よさを感じる程度に
体を動かしてみてくださいね。

 

不調を感じる時には決して無理をせず、
主治医に相談しながら
日常生活に戻っていきましょう!

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加