チョコレート嚢胞 うつ

チョコレート嚢胞でうつになるのか?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞とは本来子宮内にあるべき組織が
卵巣にできてしまう病気です。

 

毎月卵巣でできた子宮内膜は、
出口がないため排出されず、
卵巣内に経血が溜まり続けてしまいます。
軽度の治療には薬物治療が用いられる場合があります。

 

しかし薬物により
疑似妊娠状態や疑似閉経状態にするため、
うつやイライラなどメンタルにまで
影響を与えることがあります。

 

今回はチョコレート嚢胞と
うつの関係性について調べていきましょう。

 

チョコレート嚢胞でうつになる女性がいる?

 

強いストレスを感じると
生理が止まってしまったという経験はありませんか?
また生理になると気分が落ち込んだり、
イライラするという経験もおありかもしれません。

 

ここからわかるように精神的ストレスと
女性ホルモンには深い関係があります。

 

引っ越しや失恋など
精神的にストレスを感じる原因があれば、
女性ホルモンが乱れてしまいます。

 

逆に病気や薬によって女性ホルモンが乱れると
メンタルに影響を及ぼします。
相互に関わりあっているのです。

 

女性の美と健康、また妊娠や月経を
コントロールしているのは
女性ホルモンです。

 

特にエストロゲン、プロゲステロンという
女性ホルモンが生理周期に伴って
バランスよく分泌されています。

 

女性ホルモンのバランスが整っていればいいのですが、
乱れてしまうとイライラや落ち込み、

スポンサーリンク

攻撃的になるといった
精神的バランスも欠いてしまいます。

 

チョコレート嚢胞のつらいところは、
女性ホルモンが乱れやすく
身体の痛みももちろん、
精神的な苦痛もあるということです。

 

薬によって行う疑閉経療法は、
エストロゲンの分泌を抑え、
更年期に似た体になるため、
うつ病や気持ちがふさぎがちになるという事もあります。

 

チョコレート嚢胞治療でうつになった場合の対処法

 

チョコレート嚢胞と診断された場合、
落ち込んでしまうのは当然です。
妊娠を望んでおられる方なら
ショックは人一倍でしょう。

 

しかしこの治療で一番大切なのは
「リラックスすること」。

 

ストレスを感じたままでは
症状がますます悪化してしまうこともあります。

 

まずはこの病気には治療法があること、
多くの女性がかかる一般的な病気であること
をしっかり受け止め、
リラックスしつつ治療に励んでいきましょう。

 

もし治療法によってストレスを感じている場合は、
その旨をきちんと主治医に話し、
あなたにあった治療法を探っていきましょう。

 

冷えは症状を悪化させてしまいます。
体を温めると血行にいいだけでなく、
気持ちもほっとさせてくれます。

 

お風呂でしっかり温まったり、
足湯、おなかを温めることをなどを
意欲的に行いましょう。

 

体と心を癒してくれる
あなたなりのリラックス法を見つけていって下さい。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加