チョコレート嚢胞 自覚症状

チョコレート嚢胞の自覚症状とは?

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞という病気を知っていますか?
女性特有の病気なのですが、
知っている人は以外と少ないです。

 

チョコレート嚢胞は、自覚症状がでない場合があるので、
チョコレート嚢胞になった時の症状が
どういうものなのか把握しておいく必要があります。

 

子宮内膜症とは?

 

チョコレート嚢胞がどんな病気なのか理解するには、
まずは子宮内膜症が何なのか説明する必要があります。

 

女性の身体にある子宮内膜というのは、
本来あるべき場所は「子宮内腔」です。

 

子宮内膜症というのは、
子宮内腔以外
(卵巣・直腸・膣・外陰部・膀胱・へそなど)
の場所にできてしまうことを言います。

 

子宮以外にできた子宮内膜も
子宮と同じように月経期を迎えます。

 

通常の子宮内膜は月経期になると
剥離して出血し生理となって排出されるのですが、

 

子宮以外の場所にできた子宮内膜は
体外にだすことができないので体内に溜まってしまい
炎症を起こしてしまうのです。

スポンサーリンク

チョコレート嚢胞と呼ばれる理由とは?

 

チョコレート嚢胞とは、
子宮内膜が「卵巣」の内部にできたものをいいます。

 

卵巣の中に袋(嚢胞)ができ、
月経のたびに起こる子宮内膜の剥離や
月経血が溜まっていきます。

 

その古くなり溜まった血が酸化して
泥状の黒っぽくなり、その形状が
チョコレートに似ていることから
「チョコレート嚢胞」と呼ばれるようになりました。

 

チョコレート嚢胞になった時の自覚症状

 

チョコレート嚢胞に限らず、
一般的な子宮内膜症は痛みが主です。

 

症状は、生理のたびに生理痛が酷くなってきてたり、
生理時以外の下腹部痛・腰痛・骨盤痛などがあります。

 

他にも、排便の時にも痛みを伴う場合があります。
一般的にはチョコレート嚢胞は生理時の痛みは強いので、
生理の時に以前より強い痛みが強い場合は、
早めに受診するようにしましょう。

 

しかし、痛みなどの自覚症状がない場合もありますので、
年一回は必ず産婦人科を受診し、
自分の身体を把握しておくことが大切です。

スポンサーリンク

この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加